Made by Yourself

【間違いない】6つのおすすめ最強サプリメントのススメ

f:id:ttyymgs:20171114151943j:plain

⚠︎効果には個人差があります。

 

今回は大学での専攻でもある、栄養学からオススメサプリメントの記事です。

 

 

 

サプリ嘘くさいと思う方へ

 

サプリメントを摂らない人は、サプリメントが本当に効くのか。体に悪いのではないかと思っている方も多いと思います。

 

実際、その効果はプラシーボの可能性もありますし、個人によっては効かないこともあるかと思いますが、僕は、日本のドラッグストアで売られているサプリメントは基本安全だと思っていますし、僕は実際に毎日サプリメントを摂取しており、効果を実感しています。

 

以下よりサプリメントと僕が飲んでみた効果を書いていきたいと思います。

 

オススメサプリメント

 

  1. ヘム鉄
  2. マルチビタミン&ミネラル&アミノ酸
  3. ビタミンC
  4. プロテイン
  5. BCAA
  6. クエン酸

 

⚠︎以下のAmazonリンクのサプリメントは実際に僕が飲んでいるものです。

 1.ヘム鉄

 

ディアナチュラ ヘム鉄 With サポートビタミン2種 30粒

ディアナチュラ ヘム鉄 With サポートビタミン2種 30粒

 

 

これは僕が一番オススメするサプリメントです。

 

まず、なぜ、鉄ではなくヘム鉄なのかというところから。

実はただの鉄だと吸収率が悪く、効果があまりありません。

 

こちらを見てくれると早いのですが、ヘム鉄のほうが5〜6倍吸収率が高いです。

ヘム鉄とは | ヘム鉄 | 機能食品 | 製品紹介 | ILS株式会社

 

鉄は人体に必要なミネラルですが、実際に欠乏しやすい栄養素で特に貧血や冷え性になりやすい女性には必要な栄養素だと思います。

 

ジョジョの奇妙な冒険では『血』というテーマで物語が広げられています。

ワンピースでもルフィのギア2は血流をぐるぐる回してパワーアップします。

http://hariokyu.com/blog/wp-content/uploads/2015/06/IMG_0100.png

 

ジョジョの第一部では呼吸を派生させ、『波紋』というスキルを手に入れます。

 

当然、呼吸は生命を維持するのに必要不可欠です。呼吸は酸素を吸収するために行います。そして、鉄は酸素を身体の隅々まで酸素を運ぶ役割を担っています。

 

酸素、血液はまさに生命とも言えます。

 

しかし、先ほども言いましたが、鉄は欠乏しやすい栄養素。

なぜなら、我々が取りがちな鉄を含む食べ物は、卵、ひじき、ほうれん草など吸収率の悪い非ヘム鉄だからです。その上、ひじきやほうれん草などたくさん食べるような食べ物ではないので、さらに鉄不足を蔓延させているのです。

 

ヘム鉄を含む食べ物レバーやあさり、かつおなど、日常であまり口にしない食べ物です。

 

そのため、サプリメントでヘム鉄を補うことは、非常に理にかなっていると思います。

 

 2.アミノ酸・マルチビタミン・ミネラル

 

ディアナチュラ ストロング39アミノマルチビタミン&ミネラル150粒

ディアナチュラ ストロング39アミノマルチビタミン&ミネラル150粒

 

 

まず、アミノ酸から説明します。

 

アミノ酸はタンパク質の構成要素です。人体に関わるものは20種類あります。

人の体は60%が水分で、20%がタンパク質で、15%が脂肪、残り5%がその他という構成になっています。

 

水分は先ほど書いた血液です。次に多くを占めるのはタンパク質。筋肉のことです。

 

実はこのアミノ酸11種類は人体でも生成しています。それ以外の9種類を必須アミノ酸と言います。

 

必須アミノ酸を摂取していないと、まるで身体のネジが一個無い状態となり、いつか、身体の歯車が狂うかもしれません。

 

次にマルチビタミン。

僕がマルチビタミンを摂取している理由は、僕の日常生活にあります。

基本的に同じものしか食べていません。例えば、玄米、鯖、味噌汁。

 

そのため、三大栄養素の炭水化物、タンパク質、脂質は満たしているのですが、マクロ栄誉素が不十分になります。

 

洗濯機や掃除機など科学の進歩が人間の生活を楽にしてくれましたが、食事の面でも科学の進歩によって、献立を考えたり、作る手間を省いてくれると思います。 

 

 

そして、ミネラル

ミネラルは必要量は少ないですが、人が作り出すことができない栄養素です。

主な物として鉄、カルシウム、ナトリウムがあります。

 

ナトリウムを考えてくれると分かりやすいです、ナトリウムとは塩分のことです。

塩分を摂らなかったら体が不調を訴えるように、ミネラルは体の調子を整える役目を担っています。摂りすぎは注意する必要がありますが、ナトリウムは良いのですが、他のミネラルに関しては、日本人は足りて無い人が多いと印象です。

 

上記に貼ったリンクのミネラルの内容は、亜鉛、カルシウム、鉄、マンガン、銅、セレン、クロム、モリブデンなので、ナトリウムは入っていません。

 

 

 3.ビタミンC

 

 

ビタミンCは一番馴染みのある栄養素だと思います。

 

入院のお見舞いに持っていく物の代表がフルーツであるのは、ビタミンCが豊富に含まれているものが多いからです。

 

僕の経験談ですが、毎日、玄米、鯖、味噌汁の生活をしていたら、謎の倦怠感、脱力感を覚えました。もしかしたら、ビタミンCが足り無いのかなと思い、コンビニでビタミンCの入っているキレートレモン系のドリンクを飲んだところ症状が改善されました。

 

それから、ビタミンCを摂取するようにしていますが、ビタミンCはサプリメントではなく、キレートレモンやビタミンウォーターから摂取しています。

 

理由は、一本飲むだけで2000mgほど含有されているので、毎日飲む必要が無いからです。1日に必要とされているビタミンCは100mg程度で、一本飲めば何日か持ちます。 

 

最近ビタミンC摂取してないなと思ったら、適当に飲むというサイクルを繰り返しています。

 

 

 4.プロテイン

 

グリコ パワープロダクション ホエイプロテイン WPI プレーン味 1kg

グリコ パワープロダクション ホエイプロテイン WPI プレーン味 1kg

 

 

筋トレしている人は、だいたい飲んでるプロテイン。僕も以前飲んでました。

乳糖不対照だったので、上記のWPIを飲んでました。 

 

WPIとはホエイプロテインアイソレートと言い、プロテインを作る過程でひと過程加えることで、より純粋なプロテインに仕上げられたプロテインのことを言います。

つまり、余分なものが少ないということです。そのため、乳糖が少なく、お腹を壊しにくいプロテインです。 

 

とはいっても、僕は飲み過ぎてしまうので、結局お腹を壊していました。

 

僕は、筋トレをやっていない人にもプロテインはオススメしています。

理由は2つあります。

 

1つ目は、1日に必要なタンパク質を摂れている人が少ないということ。

2つ目は、腹持ちが良くなるということです。

 

運動をしていない人で必要量は体重×1gです。特に、卵や肉や魚など良質なタンパク質で摂取する方が良いです。その理由は、アミノ酸スコアにあります。

 

例えば、白米にもタンパク質は含まれていますが、アミノ酸スコアは低いです。

アミノ酸スコア表

 

例えば、

f:id:ttyymgs:20171114165946j:plain

 

アミノ酸スコアが低いということは、先ほど、20種類あると言いましたが、何種類か欠けているアミノ酸があるということです。

 

そのため、画像のように、水(タンパク質)を注いでも、アミノ酸スコアが低いとそこから、漏れてしまいます。

 

アミノ酸スコアの高い食べ物は卵、魚、肉ですが、必要摂取量は具体的に、肉であれば、体重60kgの人は、1日300gほど食べる必要があります。

 

そして、2つ目の腹持ちが良くなる。

 

人の体は欲しい物を欲するようにできています。体が必要としているものを適切に与えてやると、体は食べ物を欲しがらなくなり、満足します。 

 

普段、食べても食べても満たされ無い人は、タンパク質が足りて無い傾向にあります。

 

この2点で僕は、プロテインの摂取をオススメします。

 

以下よりおまけです。

 5.BCAA

 

大塚製薬 アミノバリュー サプリメントスタイル 4.5g×10袋

大塚製薬 アミノバリュー サプリメントスタイル 4.5g×10袋

 

 

 

BCAAとは分岐酸アミノ酸と言われ、バリン、ロイシン、イソロイシンのことを言います。これら3つは必須アミノ酸です。

 

運動する人にはおすすめです。疲れにくくなります。  

 

 

 6.クエン酸

 

グリコパワープロダクションクエン酸酸&BCAA ハイポトニック粉末ドリンク グレープフルーツ風味 1袋 (12.4g) 10袋

グリコパワープロダクションクエン酸酸&BCAA ハイポトニック粉末ドリンク グレープフルーツ風味 1袋 (12.4g) 10袋

 

 

 

こちらも、疲労回復に効きます。

疲労の原因である乳酸を分解してくれます。

 

 

まとめ

 

食べ物は自身の体そのものを作っています。

食べ物にこだわるだけではなく、栄養素にも注目することで、日常生活に良い影響を与えられると思います。

 

僕も、サプリメントで生活が多少なりとも良くなったことは間違いなく言えることです。

 

www.made-by-yourself.net

 

www.made-by-yourself.net