Made by Yourself

【批判】今更ながらApple Watch series1購入して3ヶ月経ち、ダメダメなので酷評してみる。

はひ

 

f:id:ttyymgs:20180522155314j:plain

Apple Watch series1 クラゲが動きます

僕はAppleが好き

 

僕は昔からApple製品が好きでした・・・

というのは、嘘ではないが、純粋な真実でもありません。 

 

iPhoneを持っているだけで、Appleが好きとは言え無いでしょうし、iPhoneとMacだけでも言え無い気がします。Appleが好きというレベルにはApple製品を買っていませんが、それでも、僕はAppleが好きです。

 

現在のApple Watchシリーズのラインナップ

 

f:id:ttyymgs:20180522161215p:plain

https://www.apple.com/jp/watch/からスクリーンショット


上記のapple公式HPのスクリーンショットを見てもらうと分かるように。現在では、

2015年から発売されたapple watch series1から現在の最新機種series3まであります。

発売されていないのは、series2だけです。 

 

series2は、series3の完全下位互換で、おそらく、発売していたとしても、series3より2000円安いくらいでしか販売できないため、現在のラインナップにないのだと思います。ちなみに、series1が27800円で売っています。

 

Apple watch series1これがアカン!

 インターネットが発達してきたおかげで、以前より感じることが少なくなったものがあります。それはラグです。 

 

10年前は、パソコンのラグが多く、イライラしていたものが、今では、ラグなんえほぼなく、快適にネットが使えます。特にapple製品はフリーズすることが少ないですね。

 

しかし、apple watch series1に関しては、そのラグが頻発し、かなりフラストレーションが溜まります。

 

 

 twitterのつぶやきに載せましたが、普段は、省電のため画面が暗くなっています。そのため、時間を見ようと思っても、いちいち、腕を内側に向け無いと、時間の確認ができません。 

  

次に、apple watchには、手首検出機能というものがあります。

f:id:ttyymgs:20180522164751j:plain

 

 手首から外れると、自動的にパスコードが掛かるという機能。

もちろん、セキュリティの面では、安心できる機能ですが、個人的に普段時計をする人間ではなかったので、ちょくちょく、時計を外します。

 

そのため、当たり前ですが、外すたびにパスコードが掛かることになります。

再び付けるタイミングでパスコードを打ち直すのですが、これがかなりめんどくさい。

 

Apple watchは画面が小さいので、適当に打つとほぼ失敗します。そのため、パスコードを打つくらいのことで、いちいち、集中しなければなりません。 

 

現在では、あまりにも、フラストレーションが大きいので、パスコードは一切切ってあります。切ったことで、フラストレーションが70%くらい減りました。本当の話。

前よりapple watch好きになった。

 

f:id:ttyymgs:20180522165859j:plain

こんなに、文字が小さいのだ

ジョギングにも不向き

最後に、Apple watch series1には、GPS機能が付いていません。そのため、これだけで、ジョギングに出かけるとことができないので、iPhoneを持っていく必要があります。以前に、一度だけ、apple watchとiPhoneでランニングに出かけたのですが、やはり、距離やペースのラグが結構大きく、あまり使いものにならないなと感じました。 

 

まとめ

Apple watchの批評をしてみましたが、実際、パスコードを切り、通知を受け取ったものを見たり、apple payを使う分には、あまり問題なく使えるので、そこまで期待していないよという方でしたら、Apple watch series1を手にしてみても、いいのかもしれない。パスコードは切った方がいいよ。
 

www.made-by-yourself.net

 

 

www.made-by-yourself.net

www.made-by-yourself.net